KYOTO JAPAN  

ハードウェアの開発、検証からプロダクト全体の開発をトータルにサポートする開発体制で
信頼できるシステムをご提供します。

ハードウェアに試作フェーズからのOSポーティング、ドライバ開発を得意としており、
ハードウェア初期不良発見やOSカスタマイズ等極め細かい仕事をしています。

代表取締役社長 勝見 哲也

座右の銘

弊社が掲げる「行動指針」の原点です。
座右の銘「知行合一」、この言葉は、儒学者の王陽明が始めた「陽明学」の命題の一つです。幕末に「松下村塾」を開いた吉田松陰が掛け軸に掲げていた事でも有名です。

本から得た知識、聞いた話などで物事をわかったように思っていることが、この頃は多いように思います。実際に体験し、実践を重ね鍛錬して初めて真理に近づき、自分自身の知恵となるのです。

我々技術者も、単にマニュアルや解説書を読んだだけの知識では、実際の仕事には役に立ちません。
色々なものから得た知識に、自分自身で実行し確認を行って期待した結果を出すことが大切です。

そんな思いから、「知行合一」大切にしています。

  知行合一

我々は信頼されるシステムを開発し社会に貢献します。

常に感謝の気持ちをもって、素直で謙虚であり続けます。
人との出会いつながりを大切にし、人を尊重し、人から信頼される人になります。
意見の相違を受け入れ、相手の立場に立って自分自身の主体性をもって常に前向きに考えます。
常に先端技術保守性経済性を意識した開発を心掛けます。
技術や知識の基本を大切にし、自分自身で現状を確認して仕事を進めます。
挨拶、整理整頓、時間厳守、積極的報告、業務情報の共有を徹底します。
信頼性が高いシステムを提供し続ける責任をもちます。
高い志と目標を常に掲げて意識して仕事を進めます。